わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

コウガイゼキショウ

湘南の種子植物 (イグサ科)

コウガイゼキショウ


Juncus leschenaultii 
(イグサ科)
湿地に生える多年草。低地に広く分布し普通。茎は扁平で狭い翼があり、葉は多管質。雄しべは3本で、果実は花被片より僅かに長い。花期は6ー7月。しばしば花序に無性芽ができ、枝上で発芽する。こうしたものはヒロハノコモチゼキショウと呼ばれることがあるが、水湿地での生態型と考えられる。


コウガイゼキショウ分布




ページの先頭へ