わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ミョウガ

湘南の種子植物 (ショウガ科)

ミョウガ


Zingiber mioga 
(ショウガ科)
花芽を食用とするため、畑に栽培される多年草で、しばしば人里近くの暗い林の下に自生状態で群生している。古い時代に中国から渡来したと言われる。各地に広く分布し普通。葉は広い披針形で葉鞘が重なって茎のように見える。8ー9月頃根元に小型の花序を立て淡黄色の花をつけるが、標本は得られなかった。

ミョウガの花

ミョウガ分布




ページの先頭へ