わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ミミガタテンナンショウ

湘南の種子植物 (サトイモ科)

ミミガタテンナンショウ


Arisaema undulatifolium var.limbatum
(サトイモ科)
山地の林下に生える多年草。丹沢大山に広く分布し普通に見られ、大磯丘陵でも稀な記録がある。4月頃、葉の展開に先立って開花し、花序を包む苞の口部は耳状に著しく反り返る。付属体は棒状で先端部の直径は7−8mm程度。小葉は卵形で前種より幅広く、軸の発達が悪く端の小葉は重なるようにつく。

ミミガタテンナンショウの花

ミミガタテンナンショウ分布

ミミガタテンナンショウの実



ページの先頭へ