わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ケキツネノボタン

湘南の種子植物 (キンポウゲ科)

ケキツネノボタン


Ranunculus cantoniensis 
(キンポウゲ科)
水田の畦などに生える多年草。全域の人里近くに広く分布し、多い。葉は三出複葉で小葉はさらに中〜深裂する。3ー5月に黄色い花をつける。キツネノボタンに似るが、本種は茎や葉柄に開出した粗い毛が密生し、小葉の裂片は幅が狭く先が尖る。そう果に残る花柱はやや太く先はまっすぐか先端だけが曲がる。そう果は縁が稜線で縁取られる。

ケキツネノボタンの花

ケキツネノボタン分布




ページの先頭へ