わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

イチリンソウ

湘南の種子植物 (キンポウゲ科)

イチリンソウ


Anemone nikoensis 
(キンポウゲ科)
丘陵地の明るい林内や林縁に生える多年草。各地で記録されたが少ない。4ー5月に開花し、花茎には柄のある3枚の葉が輪生し、その上に長い柄をのばし白い1輪の花をつける。花弁のように見える5ー6枚の萼片は楕円形。

イチリンソウの花

イチリンソウ分布




ページの先頭へ