わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

チョウジタデ

湘南の種子植物 (アカバナ科)

チョウジタデ


Ludwigia epilobioides 
(アカバナ科)
水田、川岸などの湿地に生える一年草。全域の人里近くに広く分布し、普通。茎は赤みをおび、8ー10月に黄色い花をつける。花弁は萼片より短く、花床はほぼ無毛。萼片は普通4枚で長さ2−3mm。果実の表面はでこぼこしている。これらの点でウスゲチョウジタデと区別できる。

チョウジタデの花

チョウジタデ分布




ページの先頭へ