わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ノコンギク

湘南の種子植物 (キク科)

ノコンギク


Aster ageratoides ssp.ovatus
(キク科)
林縁、土堤、草原等に生える多年草。全域に広く分布し多い。9〜10月に淡紫色の花をつける。稀に白花のものがありシロバナノコンギクと呼ばれる。この型はシロヨメナと区別しにくいが、葉は厚目でだ円形、茎は枝分かれが多く、花のつく枝には全縁の小さな葉が多くつく。総苞片は上方が広がりややへら形になる等に注意する必要がある。

ノコンギクの花

ノコンギク分布




ページの先頭へ