わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

コオニタビラコ

湘南の種子植物 (キク科)

コオニタビラコ


Lapsana apogonoides 
(キク科)
水田に生える越年草。全域の人里近くに分布し普通。3〜5月に黄色い花をつける。ヤブタビラコに似るが、果実が長さ4mmで大きく先に2つの角状突起がある。

コオニタビラコは水田に多い

コオニタビラコ分布




ページの先頭へ