わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

カワラハハコ

湘南の種子植物 (キク科)

カワラハハコ


Anaphalis margaritacea ssp.yedoensis
(キク科)
川原の砂礫地に生える多年草。ヤマハハコと比べると、茎が多く分枝し、葉の巾は1.5mmと狭く1脈しか目立たない。相模川と酒匂川に分布するが、稀。9月頃、花をつける。

カワラハハコのドライフラワーになった花

カワラハハコ分布




ページの先頭へ