わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

エゾタンポポ

湘南の種子植物 (キク科)

エゾタンポポ


Taraxacum hondoense 
(キク科)
草地、林縁に生える多年草。丹沢の1000m以上の尾根のガレ場だけに分布し、少ない。5〜7月黄色い花をつける。総苞の外面は小型の広卵形で、先端は肥厚するが小角状突起はなく、長さは内片の半長またはそれ以下である。そう果はほっそりし、冠毛柄は長くて12mm前後ある。花序と葉の中脈は赤く染まる。これらの特徴で、登山道沿いに中腹まで分布をのばしているカントウタンポポと明瞭に区別できる。花粉の観察から、倍数体であると推測されている。

エゾタンポポの花

エゾタンポポ分布




ページの先頭へ