わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

アレチノギク

湘南の種子植物 (キク科)

アレチノギク


Conyza bonariensis 
(キク科)
南米原産の帰化植物で、市街地の道端や空地に生える一〜越年草。東海道線沿いの市街地を中心に分布し普通。丹沢山麓では稀。オオアレノギクより早く5〜6月に花をつける。全体が灰緑色であることと、わきの枝の方が長くのびることが特徴。

アレチノギクの花(守矢淳一氏撮影)

アレチノギク分布




ページの先頭へ