わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

メリケンガヤツリ

湘南の種子植物 (カヤツリグサ科)

メリケンガヤツリ


Cyperus eragrostis 
(カヤツリグサ科)
熱帯アメリカ原産の帰化植物で、川岸などの湿地に生える多年草。近年分布を広げてきた種類で相模川ではやや普通になっているが他では稀。やや大型で高さ1m以上になり、茎も太い。小穂ははば3mmの偏平な線形で淡緑色、茎の先と十数本の長短の花茎の先に密な球状につく。花期は早く6月から。

メリケンガヤツリの穂

メリケンガヤツリ分布




ページの先頭へ