わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

マスクサ

湘南の種子植物 (カヤツリグサ科)

マスクサ


Carex gibba 
(カヤツリグサ科)
路傍や土堤に生える多年草。高地を除く全域に広く分布し普通。そう生して株を作り4ー5月に開花する。小穂は長い苞の腋について、卵形でそれぞれの基部に雄花、その上に雌花がつく。ヤブスゲに似るが柱頭は3個で、果胞は丸みを帯びた倒卵形。

マスクサの穂(守矢淳一氏撮影)

マスクサ分布




ページの先頭へ