わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ヒメクグ

湘南の種子植物 (カヤツリグサ科)

ヒメクグ


Cyperus brevifolius var.leiolepis
(カヤツリグサ科)
水田の畦や湿った路傍に生える多年草。低地全域に広く分布し普通。根茎は長くはい、低い茎をまばらに立てて、8ー9月にその先端に1個の球状の花序をつけ、基部には長い苞がある。小穂は淡緑色で1個の小花からなり、縁は普通ざらつかないが、数個の小刺があるものをアイダクグと呼び、稀に見られる。

ヒメクグの穂(守矢淳一氏撮影)

ヒメクグ分布




ページの先頭へ