わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ヒゲスゲ

湘南の種子植物 (カヤツリグサ科)

ヒゲスゲ


Carex oahuensis var.robusta
(カヤツリグサ科)
海岸の岩上に生える常緑の多年草。江ノ島のみに分布し少ない。そう生して大きな株を作り、葉は幅が1cm以上になって濃緑色で硬い。茎は葉よりも短い。5月頃開花し頂小穂は雄性で棒状、側小穂は普通雌性で円柱状、雌花の鱗片には長い芒がある。果胞は倒卵形でやや長い嘴があり、2歯で終わる。


ヒゲスゲ分布




ページの先頭へ