わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

カヤツリグサ

湘南の種子植物 (カヤツリグサ科)

カヤツリグサ


Cyperus microiria 
(カヤツリグサ科)
畑や路傍に生える一年草。低地に広く分布し普通。コゴメガヤツリに似るが、小穂は褐色を帯び、鱗片の先端は短く突出する。花序の軸には翼が発達し、また小穂は前種より離れてつく。チャガヤツリとは花茎が分枝すること、鱗片の先が曲がらないことで区別できる。

カヤツリグサの穂(守矢淳一氏撮影)

カヤツリグサ分布




ページの先頭へ