わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

アブラシバ

湘南の種子植物 (カヤツリグサ科)

アブラシバ


Carex satsumensis 
(カヤツリグサ科)
河原の砂礫地や崩壊地に生える多年草。丹沢大山を中心に分布するが少ない。根茎は褐色の鱗片におおわれて長くはう。葉はそう生し、硬くて反り返る。5ー6月に茎の先に円錐形の花序をつけ、花序と同長の苞がある。小穂は花序に密集してつき各小穂の先端に小さく雄花がつく。

アブラシバは渓流の川原に多い

アブラシバ分布




ページの先頭へ