わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

アオスゲ

湘南の種子植物 (カヤツリグサ科)

アオスゲ


Carex breviculmis 
(カヤツリグサ科)
土堤や草原に生える多年草。全域に広く分布し普通。そう生して株を作り、花序も茎葉も緑色で基部の鞘だけが褐色。4ー5月に開花し、頂小穂は雄性で線形、側小穂は雌性で2ー4個、ほぼ無柄の短い円柱状で鱗片の先は短い芒となる。最下の苞は花序よりやや長く、短い鞘をもつ。草丈や葉の幅、芒の有無などに変化が多い。小型で高さ10−15cm程度、葉の幅1−2mm、鱗片の芒はあるものをメアオスゲと呼ぶが中間的なものもある。

アオスゲの穂(守矢淳一氏撮影)

アオスゲ分布




ページの先頭へ