わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

カントウカンアオイ

湘南の種子植物 (ウマノスズクサ科)

カントウカンアオイ


Heterotropa kooyana var.nipponica
(ウマノスズクサ科)
山地、丘陵地の林内に生える常緑の多年草。大山周辺と藤沢に分布しやや普通。10月頃開花し、花は翌春まで残る。萼片はオトメアオイより厚く、表面は毛が多く、粗渋。萼筒の内面の縦線は9本で少ない。枝の先に原則として毎年花と普通葉をつける。

カントウカンアオイ(内田藤吉氏撮影)

カントウカンアオイ分布

カントウカンアオイの花



ページの先頭へ