わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

メリケンカルカヤ

湘南の種子植物 (イネ科)

メリケンカルカヤ


Andropogon virginicus 
(イネ科)
北米原産の帰化植物で、土堤や芝生に生える多年草。低地に広く分布し普通で、近年増えてきている。9ー10月に開花し、葉状の苞から数本の総を出し、総の節毎に1個の無柄の小穂と、柄だけに退化した小穂をつける。その残った柄や総の軸には白い長毛が密生し、花序が白毛におおわれて見える。

メリケンカルカヤの穂

メリケンカルカヤ分布




ページの先頭へ