わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

メヒシバ

湘南の種子植物 (イネ科)

メヒシバ


Digitaria ciliaris 
(イネ科)
路傍や空地などに生える一年草。全域に広く分布し多い。茎の下部は地上をはって分枝し、8ー10月に立ち上がった茎の先に数本の細い総を立てる。総は基部がややずれてつき、軸には翼があって縁がざらつく。小穂の縁に長い粗毛が生えるものはクシゲメヒシバと呼ばれ、母種とともに見られる。

メヒシバの穂

メヒシバ分布




ページの先頭へ