わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

チカラシバ

湘南の種子植物 (イネ科)

チカラシバ


Pennisetum alopecuroides f.purpurascens
(イネ科)
路傍や農地周辺どに生える多年草。全域に広く分布し多い。そう生し大きな株を作り、茎は丈夫でなかなか引き抜けない。9月頃茎の先にブラシ状の1個の花序をつける。小穂の基部に総苞片の変化した褐色の長い剛毛が生える。剛毛が緑色のものをアオチカラシバと呼び稀に見られる。

チカラシバの群落

チカラシバ分布




ページの先頭へ