わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

タチネズミガヤ

湘南の種子植物 (イネ科)

タチネズミガヤ


Muhlenbergia hakonensis 
(イネ科)
山地の林下から草原に生える多年草。丹沢大山に広く分布するが少ない。鱗片におおわれた長い根茎から細い茎が立ち上がり、8ー9月にほっそりした花序をつける。小穂は約4mm、葯は2mmあり本属では最大。


タチネズミガヤ分布




ページの先頭へ