わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

スズメノカタビラ

湘南の種子植物 (イネ科)

スズメノカタビラ


Poa annua 
(イネ科)
路傍や空地、農地などに生える越年草。全域に広く分布し多い。山地でも山小屋周辺などに侵入している。そう生して低い株を作り、葉は短い線形で先は急に細まる。一年中開花し、小型の円錐花序をつける。花序の枝はざらつかず、護穎の基部の長い軟毛はない。茎が倒れて節から根を出すものをツルスズメノカタビラと呼ぶ。

スズメノカタビラの穂(守矢淳一氏撮影)

スズメノカタビラ分布




ページの先頭へ