わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

オニウシノケグサ

湘南の種子植物 (イネ科)

オニウシノケグサ


Festuca arundinacea 
(イネ科)
欧州原産の牧草起源の帰化植物で、路傍、土堤などに生える多年草。砂防工事にもよく使われ、全域に広く分布し普通。そう生して株を作り、葉の幅は広くて5−7mm前後ある。6月頃円錐花序をつける。母種のヒロハウシノケグサも同様に帰化しているが、交雑による改良品種も多く逸出していて、両者を区別することは困難。

オニウシノケグサの穂(守矢淳一氏撮影)

オニウシノケグサ分布




ページの先頭へ