わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ハコネウツギ

湘南の種子植物 (スイカズラ科)

ハコネウツギ


Weigela coraeensis 
(スイカズラ科)
海岸近くの地域の林に生える落葉低木。山麓、丘陵、台地に広く分布し普通。ニツキウツギと比べると葉裏の毛が少なく、葉の先は急に尖る。5〜6月に白色で、後に紅色に変わる花をつける。花が始めから紅色のものをベニバナハコネウツギという。

ハコネウツギの花

ハコネウツギ分布




ページの先頭へ