わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

アキノエノコログサ

湘南の種子植物 (イネ科)

アキノエノコログサ


Setaria faberi 
(イネ科)
路傍や土堤に生える一年草。高地を除く全域に広く分布し大井。茎の基部はやや倒れて分枝し、9ー10月に7−80cmに伸びた枝先に、ややしなだれる円柱状の花序をつける。花序には小穂が密集してつき、小穂の基部の剛毛の長さは小花の3ー4倍あって、普通淡緑色で稀に紫色を帯びる。小穂は長さ約3mmでエノコログサより明らかに大きく、第2包穎は小花の2/3程度で小花の背は裸出する。

アキノエノコログサの穂

アキノエノコログサ分布




ページの先頭へ