わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

シオデ

湘南の種子植物 (ユリ科)

シオデ


Smilax riparia var.ussuriensis
(ユリ科)
山地、丘陵地の林縁に生えるつる性の多年草。全域に広く分布し普通。前種と比較すると茎や葉は草質で柔らかく、花期は7月頃で、果実は黒熟する。葉の裏面脈上に小突起毛があるものはザラツキシオデと呼ばれるが、その量は変化が多く、下記には肉眼的にも明瞭な例を記録した。葉が細く線形になるものがホソバシオデで箱根方面には多いが、本地域では稀である。

シオデの花(守矢淳一氏撮影)

シオデ分布




ページの先頭へ