わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ハナイバナ

湘南の種子植物 (ムラサキ科)

ハナイバナ


Bothriospermum tenellum 
(ムラサキ科)
道端、土堤、畑などに生える一〜越年草。人里近くに広く分布し多い。4〜10月まで長期にわたって花が見られる。すべての花には、小さな苞葉がある。

ハナイバナの花(守矢淳一氏撮影)

ハナイバナ分布




ページの先頭へ