わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ヒガンバナ

湘南の種子植物 (ヒガンバナ科)

ヒガンバナ


Lycoris radiata 
(ヒガンバナ科)
人里の土堤や田の畦に生える多年草で、古い時代に中国から渡来したと言われる。低地に広く分布し多い。黒い皮に包まれた鱗茎があり、9月に花茎を立てて、細い花弁が反り返る赤い花をつける。3倍体で結実はしない。花後に濃緑色で広線形の葉をそう生し、葉は冬を越して春に枯れる。

ヒガンバナの花

ヒガンバナ分布




ページの先頭へ