わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

タマスダレ

湘南の種子植物 (ヒガンバナ科)

タマスダレ


Zephyranthes candida
(ヒガンバナ科)
南米原産の多年草で観賞用に栽培され、時に逸出して野生化している。各地で記録されたが稀。葉は厚い線形で濃緑色をし、9ー10月頃花茎の先に白い花を1個つける。


タマスダレ分布




ページの先頭へ