わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

マツムシ

鳴く虫・はねる虫 (コオロギのなかま)

マツムシ


Xenogryllus marmoratus (DE HAAN)
(コオロギ科)
体長約2cm。淡褐色で不規則な黒点がある。チンチロリンと形容される鳴き声で親しまれてきた鳴く虫の代表で、よく茂った土堤や草むらに生息している。声は遠くからもよく聞こえるが、根際に近い枯れ草の上などで鳴いており見つけにくい。神奈川県では多い虫ではなく、丘陵地の土堤や海岸の草原に見られるが局地的で、特に近年は減少している。平塚市内では、土屋、吉沢の丘陵地の他、花水川の土手に少数が健在である。

まつむし

マツムシの分布

雄のマツムシ(小杉正則氏撮影)



ページの先頭へ