わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

アシジマカネタタキ

鳴く虫・はねる虫 (コオロギのなかま)

アシジマカネタタキ


Ectatoderus sp.
(カネタタキ科)
体長6〜7mm。沿海性のカネタタキで、雄の翅は小さくて外からは見えない。海岸近くの森林の低木などに見られる。神奈川県では真鶴町岩で記録されたが、1994年の調査では確認できず、絶滅が心配されている。

あしじまかねたたき

アシジマカネタタキの分布




ページの先頭へ