わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

トノサマバッタ

鳴く虫・はねる虫 (バッタ・イナゴのなかま)

トノサマバッタ


Locusta migratoria (LINNE)
(バッタ科)
体長♂4〜5、♀雌5〜6cm。草のまばらに生えた草原に生息し、いわゆる「原っぱ」にいて子供達に親しまれていたバッタである。全体に褐色のものから、緑色の部分の大きいものまでいくつかの色彩型がある。生息密度が著しく高くなることがあり、そうした条件では翅の長い型が出現して、集団で移動する飛蝗と呼ばれる現象を起こすことがある。飛蝗は日本では稀だが、1989年には鹿児島県馬毛島で集団発生が記録された。

とのさまばった

トノサマバッタの分布

交尾するトノサマバッタ(小杉正則氏撮影)



ページの先頭へ