わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ヒサゴクサキリ

鳴く虫・はねる虫 (キリギリスのなかま)

ヒサゴクサキリ


Agroecia lutea (MATSUMURA et SHIRAKI)
(キリギリス科)
体長4.5〜5.5cm。前胸背に独特の模様がある。かっては非常に珍しい種と考えられていたが、成虫がメダケを食べる食性が明らかにされてからは、西日本を中心に各地で発見されるようになった。関東近辺では、伊豆半島、房総半島南部で記録があったが、1993年に小田原市と平塚市でそれぞれ1個体が採集され、神奈川県にも分布することが明らかになった。しかし、その分布状況は不明である。

ひさごくさきり

ヒサゴクサキリの分布




ページの先頭へ