わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

クビキリギス

鳴く虫・はねる虫 (キリギリスのなかま)

クビキリギス


Euconocephalus thunbergi (STAL)
(キリギリス科)
体長約6cm。緑色とうす茶色の型があり、またピンクに近い色合いのものもいる。どの色彩型のものも大アゴが朱色をしているのがよい特徴である。成虫で越冬する種で、春先からジーーという機械音のような声が聞こえる。草むらにもすむが、木にもよく登っており、春先の鳴き始めの頃は街路樹や庭木で鳴いていることが多い。全市的に街路樹や庭木などで声が聞かれる。

くびぎりぎす

クビキリギスの分布

草にまぎれる緑色型のクビキリギス

羽化するクビキリギス(小杉正則氏撮影)


ページの先頭へ