わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

オナガササキリ

鳴く虫・はねる虫 (キリギリスのなかま)

オナガササキリ


Conocephalus gladiatus (REDTENBACHER)
(キリギリス科)
体長2.5〜3cm。ササキリ類では大きく、シュリッ、シュリッと音節の区切りがはっきりした声で鳴く。雌の産卵管が非常に長いことからこの名がある。丘陵地や大きな川の土手などに見られ、草刈をよくするチガヤなどの茂る土堤などに多い。丘陵地では水田にもよく入る。

おながささきり

オナガササキリの分布

雄のオナガササキリ



ページの先頭へ