わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ヒロバネヒナバッタ

鳴く虫・はねる虫 (バッタ・イナゴのなかま)

ヒロバネヒナバッタ


Megalaucobothrus latipennis (BOLIVAR)
(バッタ科)
体長2〜3cm。ヒナバッタに似ており、特に雌の識別には注意が必要である。山地の草原に生息し、丹沢ではもっとも多く見られる直翅類である。雄は日にあたったササの葉の上などで、脚と翅をこすりあわせてシュリリリリと発音する。秋の終わりまで活動している。

ひろばねひなばった

ヒロバネヒナバッタの分布

雄のヒロバネヒナバッタ



ページの先頭へ