わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ツクツクボウシ

鳴く虫・はねる虫 (夏の鳴く虫セミのなかま)

ツクツクボウシ


Meinuma opalifera (Walker)
(セミ科)
全長4.5cm程度の小型のセミで、体は黒く胸背には緑褐色の斑紋があり翅は透明である。平地の夏のセミの中でもっとも遅く鳴き始め、初認記録は7月下旬から8月上旬に集中している。稀に7月上旬の記録がある。ツクツクボウーシとかツクリヨーシと聞こえる特徴のある鳴き声が、10月上旬まで聞かれる。市街地の公園でも発生しているが、アブラゼミのように多産することはなく、丘陵地の疎林のような環境に多い。神奈川県内では平地の全域に広く分布している。

ツクツクボウシの成虫

つくつくぼうし分布

ツクツクボウシのぬけがら

ツクツクボウシの抜け殻


ページの先頭へ