わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

コエゾゼミ

鳴く虫・はねる虫 (夏の鳴く虫セミのなかま)

コエゾゼミ


Tibicen bihamatus (Motschulsky)
(セミ科)
エゾゼミをやや細く小型にしたようなセミで、それよりも標高の高い山地のブナ林などに生息している。全長は約5cmで、体は黒く鮮やかな赤褐色と黄褐色の紋がある。模様はエゾゼミとよく似ているが、前胸背後端の黄褐色の帯は左右で黒く途切れ、また♂の腹弁は長くて左右に離れる。ジィーーーと連続音で鳴く。出現期は8月を中心とする盛夏である。県内では、箱根と丹沢の高地にのみ分布する。

こえぞぜみ分布

コエゾゼミのぬけがら

コエゾゼミの抜け殻



ページの先頭へ