わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

エゾハルゼミ

鳴く虫・はねる虫 (夏の鳴く虫セミのなかま)

エゾハルゼミ


Terpnosia nigricosta (Motschulsky)
(セミ科)
エゾゼミ類とともに山地に分布する代表的なセミ類である。全長は約4cmで、体は黄褐色で胸部には緑褐色の斑紋があり、翅は透明である。6月下旬からミョーキン、ミョーキン、ケケケケ・・と特徴のある大声で鳴くので、その分布が把握しやすい。県内では、箱根の大涌谷、神山、丹沢の高地などに広く分布し、個体数も多い。

雄のエゾハルゼミ

えぞはるぜみ分布

エゾハルゼミのぬけがら

エゾハルゼミの抜け殻


ページの先頭へ