わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

タンザワフキバッタ

鳴く虫・はねる虫 (バッタ・イナゴのなかま)

タンザワフキバッタ


Parapodisma tenryuensis ssp.
(イナゴ科)
体長2〜2.5cm。神奈川県の丘陵地から山地では2種のフキバッタ類が見られる地域が多いが、翅が小さい方が本種である。甲信地方に分布するメスアカフキバッタと近縁で、その亜種とも別種とも考えられ、分類的な位置づけは結論が出ていない。神奈川県のものは、雄雌とも緑色の個体が多く、前胸背が赤褐色をした個体が混ざっている。林床や林縁に見られ、山地ではミヤマクマザサの草原にも多い。

たんざわふきばった

タンザワフキバッタの分布

タンザワフキバッタ

交尾するタンザワフキバッタ


ページの先頭へ