わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

コバネヒシバッタ

鳴く虫・はねる虫 (バッタ・イナゴのなかま)

コバネヒシバッタ


Formosatettix larvatus BEY−BIENKO
(ヒシバッタ科)
体長1-1.2cm。林床性の種で、丘陵地から山地に見られる。落ち葉の間で活動していることが多いが、コケむした倒木の上などにも登っている。神奈川県では各地で記録されているが分布状況は十分把握されていない。市川顕彦氏によると、前胸背の形状に地理的な分化があり、神奈川県産のものにも複数のタイプが見られるので詳しい研究が必要だという。

こばねひしばった

コバネヒシバッタの分布

コバネヒシバッタ



ページの先頭へ