わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

コバネイナゴ

鳴く虫・はねる虫 (バッタ・イナゴのなかま)

コバネイナゴ


Oxya yezoensis SHIRAKI
(イナゴ科)
体長3〜4cm。翅は短めで腹端に届かないことが多いが、時には長い個体もいるので注意が必要である。水田や休耕田、ヨシ原など湿った草原でもっとも普通に見られるイナゴ類で、水田では強い農薬の使用で一時個体数が減ったと言われたが、現在ではある程度回復し、どこの水田でもみかけるようになった。

こばねいなご

コバネイナゴの分布

交尾するコバネイナゴ

菌類に寄生されたコバネイナゴ


ページの先頭へ