わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ツチイナゴ

鳴く虫・はねる虫 (バッタ・イナゴのなかま)

ツチイナゴ


Patanga japonica (BOLIVAR)
(イナゴ科)
体長♂約4cm、♀5〜6cm。大型のイナゴ類で、複眼の下の涙のような黒いすじは幼虫でも目立つ。幼虫の多くは緑色だが、成虫はすべて黄褐色に変わる。これはこの種類が成虫で越冬することと関連した特徴と思われる。クズが茂ったようなマント群落や深い草原に多く見られ、各地に普通である。

つちいなご

ツチイナゴの分布

成虫で越冬するツチイナゴ

緑色をしたツチイナゴの幼虫(小杉正則氏撮影)


ページの先頭へ