わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

クマワラビ

湘南のシダ (オシダ科)

クマワラビ


Dryopteris lacera  
(オシダ科)
林下や林縁に生える常緑性の多年草。山地、丘陵地のほぼ全域に広く分布し多い。根茎はほぼ直立し、長さ60cm前後の葉が群がってつく。葉身は2回羽状。ソーラスは葉身の上部につき、ソーラスのついた羽片や小羽片は形が小さく、その部分だけ秋早く枯れる。葉柄の鱗片は茶褐色で広披針形。

クマワラビ(守矢淳一氏撮影)

クマワラビの分布




ページの先頭へ