わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

キヨスミヒメワラビ

湘南のシダ (オシダ科)

キヨスミヒメワラビ


Ctenitis maximowicziana  
(オシダ科)
暖地の林下に生える常緑性の多年草。丹沢大山と大磯丘陵に記録されたが稀。根茎は斜上し、80cm前後の葉をつける。葉柄、葉軸には芽だちの時は白色で後に褐色になる鱗片を密生するのでシラガシダの名もある。

キヨスミヒメワラビ(守矢淳一氏撮影)

キヨスミヒメワラビの分布




ページの先頭へ