わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

オオヒメワラビ

湘南のシダ (オシダ科)

オオヒメワラビ


Deparia okuboana  
(オシダ科)
山地の林下のやや湿った場所に生える夏緑性の多年草。大山山麓の1ヶ所で記録されたが稀。根茎はごく短くはい、1m前後の葉をつける。葉身は2回羽状で、ソーラスは馬蹄形やかぎ形をした包膜をつける。

オオヒメワラビ(内田藤吉氏撮影)

オオヒメワラビの分布




ページの先頭へ