わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

アカハナワラビ

湘南のシダ (ハナワラビ科)

アカハナワラビ


Botrychium nipponicum  
(ハナワラビ科)
やや日当たりのよい山地の林下に生える冬緑性の多年草。大山で1ヶ所記録されただけで稀。胞子の表面が平滑であることはフユノハナワラビに似るが、外見はオオハナワラビに似る。冬は葉の両面が赤く染まる。

アカハナワラビ(内田藤吉氏撮影)

アカハナワラビの分布




ページの先頭へ