わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

コバノヒノキシダ

湘南のシダ (チャセンシダ科)

コバノヒノキシダ


Asplenium sarelii  
(チャセンシダ科)
やや日の当たる山麓の岩上や石垣の上に生える常緑性の多年草。渓流沿いの岩上などに広く分布し大山には普通だが、丹沢では少ない。他地域では稀。根茎は短く斜上し、20cm前後の2〜3回羽状の葉を、こみ合ってつける。裂片は短いくさび形でソーラスは裂片につく。

コバノヒノキシダ(内田藤吉氏撮影)

コバノヒノキシダの分布




ページの先頭へ